健康食品

健康食品で認知症を予防しよう|脳コントロール術

カレーを食べて予防

男性

クルクミンが脳に良い

カレーを食べることで認知症を予防する効果があるといわれています。その理由は、カレーに含まれるスパイスに関係があるのです。カレーの中に含まれるスパイスにウコンが入っていたりします。そのウコンの中に含まれるクルクミンという成分が認知症を予防する効果があると考えられているのです。クルクミンはポリフェノールの1種で、摂取することで抗酸化作用効果や抗炎症効果があり認知症予防に有効であるとされています。そのカレーの具として脳神経細胞の1つであるセロトニンを分泌させる効果のある大豆を入れたり、出来上がったカレーのルーにえごま油か亜麻仁油をかけるとこれも認知症を予防することができる成分であるオメガ3脂肪酸を取り入れていくことができるようになり、カレーを食べるだけで一石二鳥の効果を得られるようになります。

カレーは親しまれる料理

カレーは昔から多くの人に親しまれている料理の1つで、家庭の味とも言われるものでもあります。その家庭の味から脳に良い効果を引き出すことができる成分が含まれていることで、おいしく味わえるだけでなく健康にも優れた効果を発揮させることができるものとなるわけなのです。カレーといえばインド人が多く食べるものでもありますが、そのインドでは認知症を発症する確率がアメリカの4分の1といわれており、その理由としてカレーをよく食べていることからではないかとも考えられているのです。カレーを普段からよく食べている人の多くは認識力のテストも良いという実験結果が出ており、それは年を重ねても成績が良いそうです。なので普段の生活の中でカレーを食べることで認知症を予防させていくことができるようになるのです。

Copyright© 2016 健康食品で認知症を予防しよう|脳コントロール術All Rights Reserved.