健康食品

健康食品で認知症を予防しよう|脳コントロール術

物忘れがひどくなったら

シニア

患者数は増加しています

認知症の患者は日本国内で増加しています。世界に目を向けてみても認知症患者は増加しています。百人に一人は認知症になる時代なのです。では認知症になる原因、誘因はなんでしょうか。認知症の原因は特定されていません。誘因についてはその多くが我々の社会生活の変化に関係しています。食事を例にとると、日本の食は欧米化したといわれます。ヘルシーな低カロリーの和食から高カロリーな食事への変化です。これによって日本人の糖尿病や高脂血症患者は増加したといわれています。これらの疾患は脳疾患である脳出血や脳梗塞を誘発します。脳にこれらの疾患が発症した場合、認知症になりやすいと考えられています。食生活の変化が認知症の増加の遠因になっています。

予防できるものもある

生活習慣病によってなりやすい疾患の中に脳血管障害があります。脳の血管が動脈硬化や血の塊で詰まってしまうことによって起こります。そうなると脳実質に障害が発生してしまい、障害された部位がつかさどる機能が失われてしまいます。それに加えて起こる認知症があります。脳血管性認知症です。これは脳が障害を負うことが引き金となって起こる認知症と考えられています。この疾患は元をたどれば動脈硬化や血の塊により血管が詰まったことが原因です。そのため食生活を改善したり、運動を取り入れたりすることで予防が可能です。薬物により動脈硬化を防いだり、血の塊がそもそもできないように抑えることも可能です。これらの指導は病院を受診すると受けられます。

Copyright© 2016 健康食品で認知症を予防しよう|脳コントロール術All Rights Reserved.