健康食品

健康食品で認知症を予防しよう|脳コントロール術

在宅介護でのポイント

笑顔の2人

介護における今後の動向

認知症の患者数は年々増加傾向にあり、介護する側も介護をされる側もお互いに負担や不安、不満を生じやすく最近では「介護ストレス」という新しい用語が作られて話題を呼んでいます。現在日本国内において介護で仕事が思ったように出来ないと感じている世代の多くは40代から50代で、いわゆる働き盛りの世代に大きく負担がのしかかっています。またネットのアンケートでは現在介護の問題と直面している人の約90%は「仕事と介護との両立が困難である」と回答している結果もある事から、それだけ介護における負担の重さがわかるデータであるとも言えます。今後は認知症の患者さんはもちろん、認知症以外の介護を受ける人々や、介護を支える人々もそれぞれの人々が安心して生活出来る環境を充実させ、さらには介護サービスのシステム全体に対しより充実かつ安定しているサポート体制に改善してゆく事が望まれています。

在宅介護における注意点

認知症の患者さんの問題行動の多くは一見すると負担が重いのかどうかわかりにくいため、現実には介護を軽く見ている人も多いのが現状です。しかし実際には長期的に毎日のように細かいサポートを要求されるため、徐々に毎日の生活において足腰に負担がかかり、精神的にもプレッシャーがかかるようになります。そして次第に仕事がまったくできない程の負担がのしかかるようになってゆくのです。支えている人は仕事ができず自由にもならないため不満が溜まり、患者さんは物忘れがひどくなったり周囲から偏見の目で見られたりする事でお互いにイライラするようになります。場合によっては認知症の患者さんとの間においてトラブルが発生し、事件性のある社会問題や損失に繋がってしまう事もあります。こうした深刻なトラブルを防ぐためにも必ず一人で悩まないようにし、できるだけ周囲と相談しながら無理せず対応をするようにしましょう。

Copyright© 2016 健康食品で認知症を予防しよう|脳コントロール術All Rights Reserved.