夫婦

健康食品で認知症を予防しよう|脳コントロール術

高齢者に多い病気

サプリメント

近年、認知症は日本の社会で問題になりつつある病気です。この認知症は、65歳以上の高齢者で発症している人は推計15%ともいわれています。認知症とは、脳の細胞が死んだり、働きが悪くなって、普通の生活ができなくなる病気です。具体的に起こる症状は、まずは何に対しても意欲がなくなってしまう傾向に有ります。今まで精力的に活動してきたのに、パタリと何もやらなくなります。その他にも、記憶や判断力の障害などが起こります。たとえば、物事を段取りよく進められなくなります。特に女性の場合、以前は普通に料理ができたのに、急に手順が分からずパニックになります。その他にも、うつ状態や妄想のような精神症状、怒りっぽくなるなどの症状も出ます。

社会問題になっている認知症を予防するには、エゴマ油がおすすめです。このエゴマ油とは、シソ科の植物の実を採取して作った油のことです。認知症予防に効果がある理由は、エゴマ油に含まれるオメガ3という成分です。この成分は体に取り入れられると、EPA、DHAという物質に変わります。これらは、脳の血管の流れを良くしてくれるので認知症予防に最適なのです。予防のためには、エゴマ油を毎日小さじ1杯程度、摂取し続けると良いです。摂取する際の注意点は、エゴマ油は高温に弱いので炒め物には使わないほうが良いです。炒めることで、油に含まれるオメガ3が酸化してしまいます。なので、なるべくドレッシングなどで使うと効果があります。

物忘れがひどくなったら

シニア

認知症は日本だけでなく世界中で増加傾向である。食生活の欧米化が認知症増加の遠因になっている。脳血管障害は認知症を発症させる可能性がある。食事や運動、薬物を上手く取りいれることで疾患の予防は可能である。

View Detail

カレーを食べて予防

男性

認知症を予防させる効果のあるものとして多くの人が普段の食事で食べることのあるカレーがあげられるのです。カレーに含まれ酢スパイスにはウコンがありまして、そのウコンに含まれるクルクミンという成分が効果を発揮させるといわれているのです。

View Detail

在宅介護でのポイント

笑顔の2人

認知症の患者数は年々増え続けていますが、全ての認知症の患者さんは感情だけがそのままになっています。お互いに気持ちをわかりあえるような無理のない介護を行う事が大切です。

View Detail

Copyright© 2016 健康食品で認知症を予防しよう|脳コントロール術All Rights Reserved.